併用してはいけない薬|辛いEDはシアリスで治療しよう!安価に買いたいなら通販で

辛いEDはシアリスで治療しよう!安価に買いたいなら通販で


併用してはいけない薬

「併用してはいけない薬」のイメージ画像です。

今世界中に存在している医薬品の中には、併用禁忌薬と呼ばれるものが存在している医薬品があります。
この併用禁忌薬というのがどのような物なのかと言うと、併用……つまり同時に使用してはいけない医薬品で、同時に使用してしまうと、最悪の場合命を落とす可能性がある医薬品をこのように呼びます。
そして、シアリスを始めED治療薬には併用禁忌薬が存在しています。

ED治療薬の併用禁忌薬の中でも特に注意が必要とされている物は「硝酸剤」と呼ばれるものです。
この硝酸剤と呼ばれるものの中でも最も有名な物に、狭心症血用などに使用されるニトログリセリンがあるのですが、このニトログリセリンには血管を拡張させる作用があります。
そして、ED治療薬にも血管を拡張させる作用があるのですが、血管を拡張される際、ある現象が起こるので、これら2種類の医薬品は同時に服用してはいけない、という風に言われているのです。

その現象というのは「血圧が低下する」という作用です。
血管が広がるということは、今までよりもスムーズに血液が流れる状態が作られるということです。
そのため、心臓が血液を送る際にかける圧……血圧が服用前よりも低くなるのですが、硝酸剤とED治療薬を同時に服用してしまうと、必要以上に血圧が低下してしまい、その結果生命活動の維持に最低限必要な血圧の値を下回ってしまい、処置が送れてしまうとそのまま命を落としてしまう可能性があるのです。
なので、ED治療薬を服用するには絶対に硝酸剤などの併用禁忌薬と同時に服用しない、というのを忘れないようにしましょう。

© 辛いEDはシアリスで治療しよう!安価に買いたいなら通販で